美白ケアにおける美白化粧水の位置づけとは?

女性の肌の悩みの1つにシミやそばかすがあります。


シミやそばかすが肌にあるだけで女性の見た目年齢はかなり老けて見られます。ほとんどの方にとってシミはお肌の大敵であり、 シミを防ぐための美白ケアや紫外線対策に多くの時間と労力とお金をつぎ込んでいる人も多いんじゃないかと思います。


紫外線対策を含む美白ケアというのは基本的には予防が肝心です。日焼け止めを毎日欠かさずに塗り、外出の際は帽子や日傘などを使用するなど、 とにかく紫外線を浴びないようにすることが大事です。しかし、どんなに紫外線対策をしても多少なりとも紫外線は浴びてしまいます。


そこで、最後の砦としての役割を果たすのが美白化粧品なんですね。


美白化粧品の効果というのはメラニン生成を抑制してシミを予防するというものです。つまりUVケアの隙間をぬって浴びてしまった紫外線に メラノサイトが反応してメラニンを生成してしまうことを食い止めることで、シミになるのを未然に防いでくれるものだということです。


化粧品会社にとっては美白化粧品というのは一番の売れ筋でもあるので、各社ともに相当力をいれて研究・開発しており、 美白化粧品のレベルをみればそこの化粧品会社のレベルがわかるといわれているのはあまりにも有名です。


かつては美白化粧品は乾燥すると保湿力のなさが問題になることがありましたが、日進月歩で進化する昨今の美白化粧品においてはそれはもう過去の話。 今でも保湿力と美白効果を兼ね備えたものも珍しくないので、冬の乾燥にも影響されることなく、1年通して使えるものが増えています。

美白化粧水の効果的な使い方とは

美白ケアの主役は美白美容液ですが、美容液の浸透をよくするためのアイテムとして美白化粧水があります。よく美白化粧水をメインに美白ケアを行っている人がいますが、 それはあまり効果が期待できないので止めたほうがいいです。


基本的に美白化粧水はあくまで、その後に使うアイテムの効果を引き上げるために使うものです。 ただ、美白化粧水のレベルうんぬんで次に使う美白美容液の効果も違ってきますから、片手間ではなく本格的に美白ケアをするなら美白化粧水も手を抜けないポイントになります。


美白化粧水の選び方ですが、その後に使う美容液やクリームと同じラインのものを使うというのが基本です。


美白にかぎったことではありませんが、多くの基礎化粧品は肌なじみや浸透力、有効成分などライン使いするように設計されているのでライン使いしたほうが効果も高くなる傾向にあります。 しかし、使用感の好みの問題もありますし、お金の問題もあるのでライン使いできないということもあると思います。


ライン使いしない場合は、できるだけ配合されている美白成分を統一させます。それを踏まえたうえで肌質に合うもの、低刺激で安全性の高いものを選んでいきましょう。



Copyright © 2013 美白&保湿できる化粧水|透明潤肌を叶えるおすすめ<Best3>· All Rights Reserved·