くすみに対する美白化粧水の効果について

肌がくすんでしまうという人は、しっかりとスキンケアができていないことが多いです。


くすみとは、肌が乾燥して肌のキメが悪くなることで光の透過度に影響がでたり、血行が悪くなったり、メラニン色素などが多く生成されることで 黒ずんで見えてしまう状態のことをいいます。古くなった肌の角質が剥がれ落ちず、肌表面に留まっているという場合もくすみの原因となります。


美白化粧水を使って改善できるくすみというのは、メラニン色素が生成されてしまったことが原因のくすみです。 美白成分の多くにはメラニン色素の生成を抑制する作用があり、ビタミンC誘導体などの一部の美白成分にはメラニンを排出する作用もあるので、 お肌のお手入れをする度に透明感が増していくということが期待できます。


保湿力のある美白化粧水を使えば、さらに肌の乾燥によるキメの乱れが原因のくすみにも効果があるので一石二鳥です。

加齢により肌はどんどん濁ってくる

年齢を重ねるにつれて肌色が変わってくることがあります。


若い頃から浴びた紫外線ダメージの蓄積はメラノサイトを活性化してシミの原因になるとメラニンを大量発生、大量放出するだけでなく、肌細胞のDNAを傷つけてエラーを引き起こす原因にもなってしまうので、 メラノサイト自体が巨大化してしまいメラニンの生成量が大幅に増加するということも起こってきます。


メラノサイトの肥大化とメラニンの大量放出ということがシミやソバカスとしてではなく、広範囲に渡って肌色の濁りという形ででてきてしまうことがあります。 これが加齢によって肌色がどんどん濁ってきてしまう理由の1つです。


こうした加齢による肌の濁りを表面化させないために大事なのが毎日のスキンケアであり、美白ケアです。紫外線を浴びないことが一番大事ですが、 浴びてしまったものに関してはできるだけメラニンが生成されないように抑え込む必要があります。そのためには毎日、1年365日、美白化粧水などを使用して お肌のお手入れが何より大切になります。


美白ケアというと春から夏にかけての時期だけ取り組んでいるという人が多いんですが紫外線のダメージの影響がでてくるのは夏が終わってからですからむしろ美白を頑張らないいけないのは秋から冬にかけてです。


ただ、秋から冬というと乾燥が気になる季節です。「乾燥が気になる季節に美白するのはどうも...」と気が引けるかもしれませんが、 ここで美白を続けられるかが透明白肌を保てるか否かの分かれ道です。


だからこそ、美白効果を発揮しながら保湿もしっかり行ってくれる美白化粧水があると便利だと思います。


「うるおい×白さ」を手に入れる! 美白と保湿ができる化粧水を徹底解説!
Copyright © 2013 美白&保湿できる化粧水|透明潤肌を叶えるおすすめ<Best3>· All Rights Reserved·