美白化粧水にはビタミンC誘導体が配合されているのが一般的

美白化粧水に配合されている有効成分といえばビタミンC誘導体です。


水溶性のビタミンCは化粧水と非常に相性がいいんですね。そして何よりビタミンCはシミ・そばかすの予防といった美白効果はもちろん、 抗酸化、毛穴引締めなど肌にとってはマルチな効果を発揮してくれる有効成分なので、多少乾燥しますが、安全性が高いこともあって重宝されています。


美肌や美白をめざすならビタミンC誘導体を配合した化粧水を使うというのは基本中の基本といっていいと思います。

セラミド配合の美白化粧水が理想的

セラミドとは、肌の角質層に存在し、肌細胞を柔軟かつみずみずしい状態に保ってくれる成分です。


最近はその優れた保湿効果から基礎化粧品に配合されることが増えてきています。基本的にはセラミドは油溶性の成分なので美容液やクリームに多く配合されていますが 化粧水にも配合されていることがあります。保湿効果を期待するなら当然、セラミド配合の化粧水を使ったほうがいいと思います。


セラミドはもともと肌の組成成分ということで、保湿力が高いだけでなく刺激もないし、アレルギーなどのリスクも比較的少ないのが特徴です。 乾燥気味で敏感肌の症状もあるという肌にはセラミドは必須の成分です。


とはいえ、美白化粧水にセラミドが含まれている場合でもその他の成分も含有されているのでサンプルなどお試しをしてから購入したほうが安心できると思います。 いくらセラミド配合とはいえ肌に合わないものを使うのはNGです。


「セラミド配合・低刺激・美白効果あり」この3つ条件が揃っている美白化粧水を選ぶようにしましょう。


Copyright © 2013 美白&保湿できる化粧水|透明潤肌を叶えるおすすめ<Best3>· All Rights Reserved·